海上保険・貨物保険の相談はニューズインシュアランスへ

  • HOME
  • 海外保険を上手に選ぶ方法
  • 海上保険を見直すメリット
  • 海上保険をコスト削減事例
  • ご相談の流れ
  • 会社概要

保険料と事務負担の同時削減を迫られているご担当者さまへ、まずはお電話ください。

MS&AD 三井住友海上

三井住友海上の2016年品質認定保険代理店
募集文書登録番号:B16-102521

外航貨物海上保険

外航貨物海上保険

保険料

保険料率に関する考え方

外航貨物海上保険については貨物の種類や性質、荷姿、数量、価格さらに積載船舶、輸送区間・経路、季節、過去の事故発生状況、補償の範囲等お客様のリスク実態を勘案して、保険料率が決まります。

戦争・ストライキ危険については、世界の政治や社会情勢により左右されますが、英国における海上保険マーケットを参考にして保険料率を算出しております。

具体的な算定根拠について

外航貨物海上保険の保険料率の算定には具体的に以下のような諸種の要素を加味して保険料率を算出していきます。ニューズインシュアランスでは、適正な保険料水準および引受条件でご契約いただくためのアドバイスも、無料で行っています。

【輸送用具】
どのような船舶にて被保険貨物が輸送されるかによってリスクの大小が異なります。特に船種・船齢・船級・総トン数等が一定の要件を充たしていない場合には割り増し保険料が必要なケースもあります。
【輸送区間】
航海距離、航路、航海時期、港湾施設の良否、荷役方法、積み替えの有無等の諸条件によりリスクの大小が異なります。
【貨物の種類等】
貨物の種類・性質・状態により、異なるさまざまなリスクが考えられます。
【梱包状態】
  • ・貨物の輸送に適した梱包の状態
  • ・コンテナへの貨物の積付け状態
  • ・コンテナの種類(ドライ、オープン・トップ、フラット・ラック、タンク、冷凍等) によってリスクの大小が異なります。
【ロスプリベンション(損害防止)および損害率】
お客様が取り組まれている損害防止策や損害率(過去に支払った保険料に対する保険金の割合)によっては、保険料の見直しが可能な場合があります。
【保険条件】
基本条件やセットする特約などによる補償範囲は料率算定の大きな要因のひとつとなります。

このように海上保険に適用する保険料率は、ご提供する保険カバーの内容、貨物の種類、性質、梱包方法、航路、季節、港湾施設の状態、過去の損害発生状況、積載船舶等を総合的に勘案し算出されます。

保険料の算出式

保険金額とは、保険会社が1回の保険事故について、保険金をお支払いする最高限度額のことです。保険金額はCIF価額(船積み原価+保険料+運賃)に、世界的な商慣習として10%を加えた金額で設定されます。

保険金額 = CIF 価額 × 110%

また、保険金額は保険料算出の基準となっており、保険金額に対して保険料率を適用することによって、保険料が算出されます。

保険金額 × 保険料率 = 保険料

ニューズインシュアランスでは御社が付保している海上保険の保険料および引受条件が本当に最適なものなのかを診断することで、コスト削減の可能性や適正な引受条件を無料アドバイス・提案します。

補償内容

外航貨物海上保険の補償内容はこちらです。

海上保険無料お見積入力フォームへのボタン

外航貨物海上保険

年間売上高100億円以下のお客さまを対象とした、輸出入や三国間の物流を1年間包括的にカバーする簡易型の商品です。

売上高100億円超のお客様はコチラ

国際間輸送される貨物のリスクを補償する商品です。物流にあわせてオーダーメイドで設計します。

▲ページの先頭に戻る

Copyright © NEWS INSURANCE. All righits reserved.