>  サポートワン(新・物流包括保険)  >  保険の対象とならない貨物

保険の対象とならない貨物

除外貨物

以下の貨物は保険の対象には含まれません。

  1. 不動産、船舶(ヨット・モーターボートおよびボートを含みます。)、飛行機、ヘリコプター(ドローン等無人の機器を含みます。)
  2. 什(じゅう)器・備品、社有車、レンタル用品等(リース・デモ品等貸出中商品を含みます。)販売目的でない所有品(ただし、修理または加工を目的として受託した貨物は保険の対象に含みます。)
  3. 輸出の目的をもって輸出本船、航空機に積み込まれた以降の貨物
  4. 輸出の目的をもって輸出本船または輸出航空機に積み込まれるまでの輸出貨物のうち、別途外航貨物海上保険が手配されている貨物
  5. 輸入本船もしくは航空機から荷卸しを開始する前の貨物
  6. 次の貨物のうち1点50万円を超えるもの
    宝石・貴金属類(形状が粒状の宝石・貴金属類については、『1点50万円』を『1梱包あたり50万円』と読み替えます。)、時計、毛皮、呉服、書画・彫刻等の美術品・骨董品類
  7. 金・銀・白金の地金
  8. 貨紙幣類・有価証券・新株券
  9. 稿本、設計書、図案、ひな形、鋳型、木型、紙型、模型、証書、帳簿その他これに類するもの
  10. テープ、カード、ディスク、メモリその他これに付随するコンピューター用の媒体に記録されたプログラムおよびデータ。ただし、不特定多数のユーザー向け販売商品である個別包装された汎用ソフトウェア・プログラム等は除きます。

補償内容が変更となる貨物

以下の貨物は補償の内容が変更されます。

  1. 植木・苗・生花
    特定危険担保*に従い補償
    盗難、梱包1個ごとの不着を補償
  2. 自動車(自動三輪車、自動二輪車、原動機付自転車を含みます。)、クレーン車・ブルドーザー・ショベルカー・フォークリフト・ロードローラ・掘削用および杭打ち用自動車等の作業用特殊自動車、農耕作業用自動車
    特定危険担保*に従い補償
    車両1台ごとの盗難・不着を補償
    ただし、積込・荷卸作業中における輸送用具との衝突・接触損害、自走中に発生した損害は補償されません。
  3. ばら積み貨物(液状、粉状、粒状、気状、泥状、結晶状、塊状、棒状等の形状で、個数によらず重量または容積により取引が行われる貨物であり、梱包をせずに輸送用具にそのまま積載して輸送される貨物(注)。)

    (注)「保管中」「加工中」「店舗販売中」「設置作業中」の場合は、「梱包をせずに輸送用具にそのまま積載して輸送される貨物」は「梱包をせずに、そのままもしくは収容設備(タンク等)内で、保管される貨物」となります。

    特定危険担保*に従い補償
    盗難・不着(通常生じる目減りは除きます。)を補償
    投入されるべきタンク以外の保管タンクへ誤投入されたこと、または投入されるべきタンクにある貨物と異なる種類の貨物を誤って輸送し、投入されるべきタンクに注入したことによって、貨物に生じた汚損を補償
    貨物の積込み、荷卸しまたは積替えのために使用されたパイプ・ライン(陸上タンクに付属するパイプ・ラインを除きます。)からの漏出によって貨物に生じた損害を補償
    液状貨物専用の輸送用具・収容設備(タンクローリー車のタンク等)に積載・保管される貨物については、上記に加え、輸送用具・収容設備の破損による汚損・漏損・汚染(貨物に水、その他の異物が混入した状態をいいます。)も補償
  4. 生動物
    特定危険担保*により補償される事故による1個体ごとの死亡および共同海損分担額を補償
  5. 屋外設置の自動販売機内収容商品
    オール・リスク条件に従い補償、1事故あたりの支払限度額100万円
  6. 冷凍・冷蔵・保温・保冷貨物
    [1]上記(1)から(5)に該当しない貨物
    オール・リスク条件に従い補償
    腐敗・品質劣化損害は補償対象外
    温度変化による損害については次のア.からウ.の事由によって生じた損害のみ補償(ただし、いかなる場合も、地震、噴火もしくはこれらによる津波またはこれらに関連のある火災その他類似の事故によって生じた温度変化損害は補償されません。)
    ア.火災、爆発または輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州
    イ.冷凍・冷蔵・保温・保冷のために使用されている機械・装置の破損・故障
    ウ.冷凍・冷蔵・保温・保冷するコンテナまたは収容設備の破損・故障(上記イ.の機械・装置を除きます。)
    [2]上記(1)から(5)のいずれかに該当する貨物
    上記(1)~(5)の貨物において補償される損害(腐敗・品質劣化損害を除きます。)に加え、温度変化による損害については次のア.からウ.の事由によって生じた損害を補償(ただし、いかなる場合も、地震、噴火もしくはこれらによる津波またはこれらに関連のある火災その他類似の事故によって生じた温度変化損害は補償されません。)
    ア.火災、爆発または輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州
    イ.冷凍・冷蔵・保温・保冷のために使用されている機械・装置の破損・故障
    ウ.冷凍・冷蔵・保温・保冷するコンテナまたは収容設備の破損・故障(上記イ.の機械・装置を除きます。)
  7. 野積み中の貨物(建築物の外や建築物の軒先や軒下に積んだ貨物、屋根と壁や扉に囲われていない建築物や基礎のない仮設テント倉庫での保管中は、野積みとみなします。)
    ただし、ア.からウ.に該当する場合は、野積み中の貨物とはみなしません。
    ア.トラックターミナルや物流センター等の建築物、金属製もしくはFRP製の密閉式コンテナ・収容設備(タンク等)内で保管されている場合
    イ.通常の輸送過程における一時的な輸送待ち、仕分け、積替え作業中の場合
    ウ.保険契約者、被保険者またはこれらの者の使用人がいずれも、野積みされている事実を知らず、かつ、知らなかったことについて重大な過失がなかった場合
    前記(1)〜(6)の貨物における補償内容にかかわらず、特定危険担保*に従い補償
  8. 船舶の甲板上に積まれている貨物
    ただし、以下の場合は船舶の甲板上に積まれている貨物とはみなしません。
    (a)貨物が、金属製もしくはFRP製の密閉式コンテナ・収容設備(タンク等)内に収容されている場合
    (b)保険契約者、被保険者またはこれらの者の使用人がいずれも、船舶の甲板上に積まれている事実を知らず、かつ、知らなかったことについて重大な過失がなかった場合
    前記(1)〜(6)の貨物における補償内容にかかわらず、特定危険担保*に従い補償

*「特定危険担保」条件とは
火災・爆発もしくは輸送用具の衝突・転覆・脱線・墜落・不時着・沈没・座礁・座州によって生じた損害または共同海損犠牲損害に対して保険金をお支払いする条件です。

このホームページは商品の概要を説明したものです。
詳しくは、当店までお問い合わせください。

このウェブページは保険の特徴を説明したものです。詳細は商品パンフレットをご覧ください。

▼サポートワン(新・物流包括保険)の詳細を見る

  • 国内物流に関する保険とは?

  • 対象となる企業

  • 保険商品の特徴

  • 補償期間

  • 補償内容

  • 保険の対象とならない貨物

国内物流に関する保険のお問い合わせ

貴社名(全角)必須
担当者名(全角)必須
住所必須
TEL(半角数字)必須
メールアドレス必須
業種
前年度売上高 千円
個人情報保護方針に同意する

三井住友海上の
2020年品質認定代理店

募集文書登録番号:B21-100392
募集使用期限:2022年6月14日


当HPでは、取引実績が最も多い三井住友海上の各商品を推奨するという経営方針に基づき、同社の商品をご案内しています。

保険料事務負担同時削減を迫られているご担当者さまへ

外航貨物海上保険・貨物保険の専門スタッフがどの保険が適正か、コスト削減と事務負担の軽減をご提案します!

まずはお電話ください。

0120-771-083

お問合窓口:平日9:00〜17:30

メールでの海上保険無料見積依頼

外航貨物海上保険

国内運送保険

賠償責任の保険

保険の対象とならない貨物 ページ上部へ